読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しい時代のクルマづくり

BMW i3コンセプトのスケルトンボディーを見て、まず思ったことは、「作れるようにして作ってあるんだ」ということ。決して、今までに経験していない不確実な製造技術ではなく、BMWが今までに蓄積してきたコンポジットパネル量産技術を用いているということに感心しました。今までにスポーツタイプのMシリーズ用のルーフや、ボンネット、トランクなどを成形してきたRTM成型品を接着剤でボンディングする方法でした。RTM成形したパネルを、あたかも金属製パネルの代替として構成している形です。「ライフモジュール」と名付けらたCFRPのケーシングも、レーシングカーのようなワンピース・モノコックボディーではなく、パネルを組み合わせてそれを形成しています。
BMWCFRPパネルの成形はファブリックをプリフォームして、エポキシ樹脂を打ち込むRTM成形です。Mシリーズのルーフなどに採用され、すでに数万台以上の製造実績があります。http://www.fukugouzai.com/bmw-i3.html

f:id:composites:20140621184734j:plain

f:id:composites:20140621185916j:plain