読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RockTool LIT成形システム

f:id:composites:20140627123243j:plain

ロックツール LITモールディング・システムは金属製メス型とシリコン製のオス型の構成です。樹脂はパウダーコートかフィルム成形のプリプレグされた材料を使います。圧力は30 bar/420 psi以上を圧縮空気のみで供給します。サイクルタイムのレンジは105秒から310秒で、ロックツールの電磁誘導急速加熱システムの恩恵を受け、実現しています。

6月11日~12日にアメリカ合衆国ミシガン州ノビで開催されたCompositesWorld's誌の熱可塑性プラスチック・コンポジット・カンファレンスにおいて、ロックツール社のマシュー・ブーランジェ氏が「大量生産用途に向く」新しいロックツール社のシステムとして紹介しました。

ライト・インダクション・ツーリング(LIT)はスチール製のメス型と、シリコン製のオス型で構成されます。(MBJP注:ダイヤフラム成形とも呼ばれる方法ですね)

カーボン、グラスファイバー、天然繊維またはアラミド繊維のユニ・ディレクション(単一方向性)または織物繊維強化材を、ドライ・ファブリック状態でも、プリプレグ状態でも金型に置きます。その時に繊維強化材料がドライ・ファブリックの場合はパウダー状、またはフィルム状の樹脂を加えます。樹脂マトリックスは、熱可塑性でも、熱硬化性でも、どちらでもOKです。

シリコン製のオス型は型を閉じるときにベースのメス型に入り込むように挟み込みます。

空気圧30 bar/420 psi以上を、ロックツール誘電加熱システムにより 280°C/536°F以上になる45秒から90秒間(材料や製品の形態により時間は異なります)供給します。水による急速冷却システムにより型と製品を60秒から120秒かけて冷やします。成形の合計時間は105秒から310秒です。

 

ブーランジェ氏によると、このシステムはプレ・ヒーティング(予備加熱)は必要なく、樹脂リッチな表面であっても、後追い樹脂射出成形を必要とせず、製品の厚みを考慮に入れて、ほど良い温度調節ができる機能を有しているそうです。

ブーランジェ氏は、このカンファレンスで、LITシステムで製造されたカーボン、グラス、天然繊維の強化材にPET樹脂とPP樹脂を含浸をさせて作ったの3つのスーツケースを紹介しました。製品の厚みは1 mm/0.04 inch.です。

f:id:composites:20140627123205j:plain

f:id:composites:20140627123231j:plain

出展:Compoistes World 誌デジタル板

http://www.compositesworld.com/blog/post/roctool-announces-new-high-volume-molding-process

 

JCM日本複合材マーケットでは、RockTool LITシステムで使用する、パウダーコートプリプレグ他、各種熱可塑プリプレグを国内外の材料メーカーから、お届けしています。

http://www.fukugouzai.com/