読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CFRP量産に適した成型技術 1

このサイトをご覧いただいている方は、少なくとも「CFRPの量産技術」に興味がある方だと思います。

では、世界で最も量産されてきたCFRP部品の成型方法は何だと思いますか?

オートクレーブ成型? 熱プレス成型? 引き抜き成型? ほかには?

それは、人類はこれまでにCFRPで何を作ってきたのか?ということの裏返しです。

東レさんは、PAN系カーボンファイバーを事業化する中で、まず目指したのは

「航空機の金属代替素材にならないか」でした。しかしながら、航空機産業は、その安全に対する厳しい条件があり、実績のない材料を認証取得して、参入障壁は相当高いものです。本来使ってもらいたい用途で売り上げがなかなか出ないので、「何か売り上げが出るもの…」として、当時グラスファイバー製品が出回っていたフィッシングロッドをカーボンで製作しました。それと、ゴルフシャフト。CFRPの弾性を生かした、軽量で性能の出るプロダクトになりました。

これらの成形方法は、シートワインディング法(シート状のプリプレグを芯金に巻き付けて硬化させる方法)。ストレート・パイプやテーパーパイプを製造する技術です。

 

 

 

JCM日本複合材マーケットの特徴

JCM日本複合材マーケットは、複合材料に特化した販売サイトです。

サイトをひととおりご覧いただくと判ると思いますが、現在入手できるCFRP、CFRTPの成形材料、成形システム等をご紹介していますので、「これからCFRPを触っていきたい」とお考えの方にも「これはナンだ?」がわかりやすいように説明しているつもりです。

FRP材料の販売サイトは、弊社以外にも運営されていますが、多くの場合はFRP成形工場向けのサイトです。

JCM日本複合材マーケットの特徴は、家電・自動車業界の材料開発、生産システムの提案をおこなっているコンポジット・デザイン事務所が運営しているという点です。

コンポジットデザイン事務所マジックボックスJPは特定の材料メーカー系列に属さず、独自のルートを構築しています。

最新の軽量化ものづくり技術をキャッチアップするのはもちろんですが、当社から研究、提案し協力工場でモノにした材料がいくつもあります。

お客様との守秘契約等もあり、サイト上に提示できる情報は限られていますが、背景にあるものは「量産コンポジットの推進」にあります。

特殊カーボン織物

f:id:composites:20170115234016j:plain

JCM日本複合材マーケットは、平織、綾織のカーボン織物をリーズナブルな価格で提供しているだけでなく、ガラス繊維、アラミド繊維その他の工業繊維と混織した特殊カーボン織物もお取扱いしています。 また、カーボン織物にアルミ、カッパー、クローム等の金属コーティングを施し、電波特性の制御などの特殊な用途に向けた織物もご手配可能です。 詳細については、お気軽にお問合せ下さい。

f:id:composites:20170115234142j:plain

外観用途の特殊織物
カーボンコンポジットの大きな特長に、軽量・高強度がありますが、UDに見える炭素繊維の緻密なヘアライン柄や、平織、綾織の繊細な織物のパターンは微細な繊維の光学的反射もあり、豊かな表情を示します。 そのような外観的な「美しさ」と軽量・高強度を両立するカーボンコンポジットは、外観構造材として採用され始めています。アルミ合金、マグネシウム等の軽金属成形品は材料のキロ単価では安価に感じますが、その成形品の生地に表面処理を施し、多層で外観加飾したものに比べると、実際にはトータルの部品コスト的にはカーボンコンポジットとの差が出ないためです。 JCM日本複合材マーケットは、これまでに海外メーカーが量産採用してきた特殊織物をご案内しています。また、オリジナル織物の試作から量産に至るまで、リーズナブルな価格で提供いたします。

f:id:composites:20170115233745j:plain

http://www.fukugouzai.com/carbon-fabric/special_carbon.html

 

構造用カーボン(炭素繊維)UD 単一方向性

金属素材や樹脂素材とは異なるカーボンコンポジットの特長のひとつに「強度/弾性の方向性を設計できる」という点があります。炭素繊維を0度方向に引きそろえ、90度方向には、少量のガラス繊維やナイロン糸でステッチされたUD(Uni-Direction =単一方向性)織物は、カーボンコンポジットの特長(不等方性)を生かした設計には欠かすことのできないものです。
RTM成形やウエット・レイアップ成形にはこちらのUDドライファブリックをお選びください。
オリジナルの樹脂素材と組み合わせプリプレグを製造し、建築構造物の耐震補強や劣化した橋梁のラッピング補強等にも使われています。
JCM日本複合材マーケットでは、炭素繊維メーカー系列とは異なる独自のルートで、幅広い用途に合わせた構造用UDカーボン織物を多数ご用意しています。
詳細についてはお問い合わせください。

f:id:composites:20170114230126j:plain    f:id:composites:20170114230143j:plain

 

http://www.fukugouzai.com/ud-carbon/index.html

 

シルバーカーボン ドライファブリック

f:id:composites:20170111232537j:plain

シルバー・カーボンというのは通称で、グラスファイバー織物に、アルミを蒸着加工した織物です。ヤーンの太さ、織物のパターンがカーボンでポピュラーな「3K綾織」「3K平織」タイプが人気です。JCM日本複合材マーケットでは、「3Kタイプ」だけでなく「1Kタイプ」の目付の細かい商品もご手配が可能です。
時々「シルバー・カーボンは、固くて貼りにくいが、柔らかいモノはないか」というお問い合わせをいただきます。「アルミをコーティングしているのでゴワゴワと固い」と思われているようです。
JCM日本複合材マーケットではFRPハンドレイアップ工場向けに、とても柔軟な仕上がりのシルバー・カーボンをお届けしています。また、ボンネットやボディーパネル等の広い面積で貼り込まれるご用途の場合には、少し硬い目。エポキシ・プリプレグを製造するときに織物強度が必要な場合、平板を製造し織物の目付が動くことを嫌われる場合には固いサイジング材で固めたモノなど、同じ見た目の織物でも硬さを違えてご用意することが可能です。
詳細についてはお問い合わせください。

f:id:composites:20170111232431j:plain  f:id:composites:20170111232457j:plain

http://fukugouzai.com/silver-carbon/index.html

 

カーボンクロス ドライファブリック について

f:id:composites:20170111002107j:plain  f:id:composites:20170111002121j:plain

コンポジット成形の基本となる、カーボン(炭素繊維)織物です。
日本銘柄の東レ東邦テナックス三菱レイヨンの他、台湾のフォルモサ、トルコのダウアクサのカーボンのカーボンクロスをご用意できます。

JCM日本複合材マーケットでは、糸の銘柄、サイジング材のご希望があれば、お客様の用途やご予算に応じて、最適な商品をお見積もりさせていただきます。
3Kの場合、一般的には200g/㎡ですが、お客 様の用途に合わせ、平米あたり160gや210g、230g等の仕様もご用意できます。また、量産用途に関しましては、織幅も10ミリ単位でのご希望に合わせてご用意することも可能です。
JCMがお届けする炭素繊維織物は、第三者機関による試験成績証明書、品質検査証明書、MSDSの発行も可能です。
(詳細についてはご相談下さい)
1K、6K、12Kの織物も即納できる体制にあります。お問い合わせください。

http://fukugouzai.com/carbon-fabric/index.html

Blogを再開します。

3年前にブログをはじめましたが、記事のボリュームが大きく、また、内容的にも公開には不適切と思われるものもあったので、公開を中止していました。

過去には、定期的にご覧いただいていた方もおられたのに、急にクローズにして申し訳ありませんでした。2017年になったことだし、周辺の環境も変わってきました。

少しずつ、初めてまいりましょうか。